学科紹介 Department Introduction

not image

電子情報工学科とは

「情報」「電気・電子」分野の「グローバルエンジニア」を輩出します。

21世紀の情報通信時代を支える技術者を養成します。
低学年ではノートパソコンを使いながらArduinoやソフトウェアの学習を通して「リテラシー」(コンピュータを自由自在に活用する能力)を身につけることをめざしています。
情報分野を支える電気・電子の分野も身につけられることが魅力です。製造業・電力会社・JRなどで必須な電気回路・電子回路・電磁気学・過渡現象・システム制御など、しっかり学びます。
C言語, Javaなどのソフトウェア言語及びVerilog-HDLのハードウェア記述言語などソフトウェアもハードウェアも基礎から学びます。

4年時には創造工学設計で, Androidアプリケーション, FPGAによるシステム設計を行います。

卒業研究では、仕事や研究に役に立つ自主性・論理力・プレゼン力を養います。研究成果を大学生・大学院生に混じって学会で発表する学生も相当数います。専攻科生では国際学会で発表する学生もいます。

卒業後の進路は電子情報工学科と一体運営の専攻科制御情報システム工学専攻への進学(アドバンストコース. 学士取得を目指します)が約1/4、就職が約3/8、大学編入学が約3/8です。就職先は「情報系」ではIT系企業、「電気・電子」系では電力会社、JR、製造業、公務員、県内・県外など多種多様です。進学先については、ほぼ国立大学です。専攻科からは東京工業大院, 東北大院などに進学する学生もいます。

電子情報工学科の教員は全国の高専の中でも教育・研究両面でバランスのとれたトップクラスの熱い教員の集まりだと思っています. 一緒に学びましょう!